日本トーマスモアコンサルティング社

国際金融情報・主要通貨為替取引・米国債券トレーダーの為の情報サイト

本日の $/¥ ワンポイント

本日の $/¥ ワンポイント

2023年09月29日

TSR: 148円60銭

本日のUSD/JPY予想レンジ: 148円85銭-149円85円

前日のUSD/JPY実績レンジ: 149円20銭-149円53銭- 149円30銭(28日)

続きを読む

週刊外国為替情報

週刊外国為替情報

2023年01月08日

マーケット・サマリー

 今後FRBは、第1四半期にも0.25%の利上げが予想されているが、実行に至るかどうか、注目したい。

  • 01/10(火)18:39 パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、発言
  • 01/18(水)28:00 米地区連銀経済報告(ベージュブック)
  • 01/26(木)22:30 10-12月期四半期実質国内総生産(GDP、速報値)(前期比年率)予想3.2%

 今後2週間は、12月ISM非製造業景況指数が予想外にパンデミック以来の活動縮小域に落ち込んだため金利ピークの思惑に長期金利が一段と低下すると、ハイテク株の買いも強まり、株式相場全体を一段と押し上げた。また、ドル安で企業収益回復期待も広がり終盤にかけて一段高となり終了した。

続きを読む


永山卓矢の市況取材ノート

永山卓矢の市況取材ノート

2023年09月22日

米国経済が落ち込んでも原油高でFRBは高金利政策を継続へ
-来年には新冷戦による実物主導に向けた金融主導経済の清算が始まる-

ポイント

  • FRBはコアインフレを抑制するために利上げを推進して米国経済にオーバーキルを引き起こしてサービス産業の賃金上昇圧力を抑え込もうとしてきた。
  • ただし、インフレ圧力から既に実質消費は鈍化しつつあり、余剰貯蓄を使い尽くしてローンも組めないために個人消費は確実に落ち込んで米国経済は悪化していく。
  • サウジアラビアが生産の抑制から原油相場を高騰させて総合インフレ圧力を高めているのは米権力者層が新冷戦体制の構築に向けて金融主導経済を清算しようとしているからだ。
  • 当面はドル高圧力が強い状態が続くが、日本側の介入の動きや日銀の政策修正に要注意。来年には株価の急落から信用不安が強まりリスク回避から急激な円高に。

担当: 永山卓矢 岡藤商事出身。

一貫して商品先物会社の調査部門に勤務し、マクロ経済分析による商品・株式の市況分析を中心に取り組む。 2001年、独立しナリッジ・クリエイション代表に就任。 独自情報を基に政治・経済・金融・市況分析を手掛ける。

ノートを読む
  • 記載内容は、(株)日本トーマスモアコンサルティング社が独自に作成したもので無断転載は禁ぜられています。
  • 記載内容は投資判断の参考となる情報の提供を目的として作成されたもので、投資誘導を目的としたものではございません。通貨の選択、投資時期の最終決定は御自身の判断でなさるようにお願いたします。また、このレポートに関する解説者本人へのお問い合わせはお受け致しかねますのでご了承下さい。
このウェブサイトはCPIのSSLサーバー証明書を利用して、あなたの個人情報を保護しています。